家の売却 内覧

家,売却,内覧,成功,不動産

家を売る時に重要なポイントは内覧でいかに魅力的な家に魅せるかです。内覧に来るお客様は、最低限とそのエリア、間取り、広さ、価格をクリアしています。つまり内覧であなたの物件を欲しいと思わせたらほぼ購入してくれるでしょう。『内覧を制する者は売買も制す』と言う言葉もあるくらい内覧対策は重要です。ここでは、家の売却で内覧を成功させる3つのポイントを紹介します。

 

内覧案内画像

内覧対策は早めに

不動産売却で1番売却できる時期は売り出し直後です。そして大概が3ヶ月まで内覧者がきますが、3カ月を過ぎると見込み客でもある内覧者が減ってきてしまいます。3ヶ月以内で見込み客が多く来る間に売却を決めるのが不動産売却のセオリーです。そこで重要になるのが内覧です。

 

内覧とは購入希望者が物件を直接見に来ることです。内覧の印象で物件を購入するかどうかを決めます。つまり内覧で好印象を残せば、購入につながる可能性が大きくなります。内覧に来た人に対しては魅力的に見せる事が早く高く売却できるポイントです。

 

 

家の売却で内覧を成功させる3つのポイント

 

  • 部屋をきれいにする
  • 部屋を明るく見せる
  • 部屋の臭い対策をする

 

部屋をきれいにする

部屋がきれい
部屋の印象と言うのは購買意欲にとても大きな影響与えます。部屋が汚いだけで購買欲は下がりますし、部屋が魅力的に見えれば購買欲が高まります。基本的なことですが部屋をきれいにする事は購買意欲を高めます。整理整頓してスッキリしている部屋は印象がいいですからね。はっきりって部屋がきれいなのは当然です。怖いのはその逆で部屋が汚いと思われたら一発でアウトです。いくら価格面、立地、間取り、築年数など合格ラインに足していたとしても、部屋が汚いと思ったがために購買欲が減り購入に至らなくなってしまう可能性があります。しっかりと部屋を整理・整頓してきれいにしときましょう。特に注意する点は水回りです。水回りは1番チェックされる場所でもあり汚いと一気に購買欲を下げるポイントでもあります。水回りに関しては業者に頼むのも有効手段だと思います。

 

 

 

部屋を明るく見せる

蛍光灯
部屋の印象を良くするとても簡単な方法は部屋を明るく見せることです。部屋が暗いから明るい日で印象は天と地の差があります。以下の画像を見て比べてみて下さい。

 

 

暗い部屋 明るい部屋

 

このように部屋の明るさによって受ける印象はかなり異なってきます。内覧者が訪れてる間は、すべての電気をオンにしておきましょう。晴れてる日でしたらしっかりとカーテンやレースを開けて太陽の光を取り入れると良いです。やはり天気も良いのですが太陽の明るさが自然で心地良い明るさにしてくれます。ここで明るく見せる裏技を1つ紹介します。部屋の蛍光灯を新しい蛍光灯に変えるだけで一気に部屋の印象が変わります。その際昼光色を選ぶと真っ白な光できれいに部屋が見えます。

 

 

 

部屋の臭い対策をする

部屋の印象を良くするための活動で忘れがちなのが臭い対策です。人は五感で雰囲気を感じます。その中でも臭いと言うのはかなり印象を大きく変わる要素の1つです。厄介なことに自分の家の匂いと言うのは鼻が慣れているせいか自分ではなかなか分かりづらいのです。他人の家に行った時臭いが気になったことがある人は多いと思います。その匂いに不愉快に思われたら購入してくれなくなってしまいます。必ず内覧者が外れる際は1時間前から窓を開けてしっかりと換気をしましょう。市販のファブリーズなどの消臭剤を利用するのもすごく効果的です。
家,売却,内覧,成功,不動産

 

家の売却で内覧を成功させる3つのポイントのまとめ

家の売却で内覧を成功させる3つのポイントのまとめ

内覧を成功させる3つのポイントを紹介してきました。はっきりってこれら3つのポイントは基本中の基本ですよね。誰でもできることですので必ず実践してみて下さい。家の売却で売れる時期は売り出し開始から早ければ早いほど売却率が高いです。この売れるタイミングでしっかり売り抜く事が重要!売却活動を始めると同時に内覧対策もしっかり行いましょう。最後に買主は売主でもあるあなたも見ています。誠実な対応に清潔な服装で出迎えましょう。誰でも嫌だと思った人から購入する人はいません。最低限度のマナーをわきまえてして売り急ぐような言語は控えましょう。近所のスーパーの話や、地域に関してあなたしか知らないようなことを話すと喜ばれます。