マンション売却 簡単の流れ

マンション売却の流れ
マンションを売却しようと思っても何から手をつけていいのかわからない方も多いかと思います。契約もいろいろしなくてはいけないし、揃える書類もたくさんあります。まずはマンション売却する上で全体の流れを把握しておくことがとても大切!ここではマンション売却の簡単な流れを紹介します。

 

 

マンション売却のかんたんな流れを紹介します!

マンション売却は様々なステージに分けられます。それぞれのステージでやるべきことを最初に知っておきましょう。

 

  1. 売却目的の把握
  2. 不動産買いに査定依頼
  3. 不動産会社と媒介契約
  4. マンションの売却活動
  5. 買主と売買契約
  6. マンションの引き渡し

 

①売却目的と計画の把握

売却目的と計画の把握
マンションを売却するのにはそれなりの目的があると思います。住み替えや空き家の処分など様々なことが考えられますが、売却目的を明確にし、売却後のプランまでしっかり考えてから売却活動を始めましょう。

 

 

②不動産会社に査定依頼

メールで査定依頼
実際に売却活動を行う最初の1歩は不動産会社に査定出すところからです。査定の目的は適正価格の把握と契約すべき不動産会社の比較です。ポイントは最低3社以上の不動産会社に査定を依頼を出すことです。

 

 

③不動産会社と媒介契約

不動産会社と媒介契約
一般的には簡易査定後、気になる会社に対して訪問査定をいたします。査定価格、売却プラン、担当者との相性等、総合的に判断して媒介契約を結ぶ不動産会社を選びましょう。この不動産会社選びがマンション売却成功の最大のポイントです。

 

 

④マンションの売却活動

マンション売却
媒介契約を結び乗り出し価格が決まったら売却活動が始まります。売却活動は主に不動産会社が行ってくれますので売主であるあなたは内覧に備えて部屋を魅力的に見せる工夫や整理整頓をしておきましょう。

 

 

⑤買主と売買契約

買主と売買契約
内覧であなたの売却マンションに購入希望者が現れ購入申込書を受け取ったら、価格や詳細な引き渡し条件を決めて売買契約を結びます。売買契約は売主、買主、それぞれ仲介している不動産会社の担当者、司法書士の先生が揃って結ます。

 

 

⑥マンションの引き渡し

マンションの引き渡し
引き渡し日までに売却物件から引っ越しを完了させ部屋をきれいにしといて下さい。
売却のマンションに抵当権等が設定されている場合には、抹消登記の準備を行います。引き渡し日には買主から残代金を受け取り、関係書類と鍵を渡して物件を引渡します。

 

 

押さえておくべきポイントは不動産会社選び

マンション売却は色々とやることが多く大変ですが押さえておくべきポイントはたった1つでオッケーです。それは不動産会社選びです。結局のところ買主を探すのも広告を出すのも、契約書の作成など不動産会社によるところが大きいからです。つまり良い不動産会社を選べば満足のいくマンション売却ができる一方、ダメな不動産会社を選んでしまったら相場より安くトラブルの多い失敗したマンション売却になってしまうことが考えられます。普段は働いて忙しい方も多いと思いますが、不動産会社選びだけは妥協しないでしっかり時間をかけて選んでください。

 

 

不動産売却の流れのまとめ

不動産売却はとても時間と労力が必要になります。早く売却できたとしても3ヶ月、通常で半年位はかかります。数年以上売れ残ってしまう物件もたくさんあります。早くそして高く売却する最大の秘訣は不動産会社選びです。選んだ不動産会社によって結果が決まってしまうと言っても過言ではありません。不動産売却の流れを全体的に説明していきましたが、不動産会社選びに力を注ぎましょう。またマンション売却はとても長期間にわたって活動します。全体像を把握することはとても大切です。不動産売却全体の流れを頭の中にイメージしておきましょう。