不動産売却 業者買取

業者買取のメリットとデメリット

家を売却しようとなると一般的には不動産会社に依頼して買い手を探してもらうことになると思います。実はその他にも業者買取と言って直接不動産会社があなたの物件を買い取ってくれる売却方法もあります。仲介も業者買取も特徴が異なります。特徴とメリットデメリットを紹介していきます。

 

 

仲介と買い取りの違いは?

仲介とは

不動産屋さんの仲介業は、簡単に言えば自宅の売り手からの依頼を受けて、買い手を広く探し見つけてくることです。 仲介売買の場合、一般市場の中から買い手を見つけることになるので売却する時間も少々長くなります。 ところが、買取よりも仲介は売却金が高く見込める可能性があるため、少しでも高く売りたいならば仲介を選ぶのが最善です。

 

少しでも高値で売却したい方にお勧めです。

仲介の説明図


買取りとは

そして買取では、あなたの自宅を不動産屋さんが買ってくれることを言います。 買取業務では相手がすべて不動産屋さんでもあるので、非常にスピーディーに物事が進み、 あなたの手間がかからないばかりか、時間もかかりません。 しかし買取業務を選択すると、仲介業務に比べ2割から3割程度も価格が安くなることが多いです。

 

早く売却を希望する方にお勧めです。

買取の説明図

仲介の場合 買取の場合
買主 主に一般個人 宅建業者
売却手続期間 買主を探さないといけず手続きが完了するまで順調でも3ヶ月程度の売却時間がかかる

不動産会社が即購入してくれるため直ぐに売却できる。
(手続きの時間もいれて2週間~1ヶ月で完了)

売却価格 一般的に相場価格で売却できる。 仲介と比べると売却価格が低くなるのが一般的

 

オススメは仲介それとも業者買取?

結局どっちが良いかと言うとズバリ急いで売却する必要のある方は買取!それ以外の方は仲介で良いかと思います。

 

具体的に言うと相続した不動産の固定資産税の納付期限が迫ってる、買い替え、転勤が決まったので急いで売却する必要がある、又はまとまったお金が早急に必要な方は業者買取を選べば問題は解決するでしょう。ただし業者買取は大きなデメリットとして相場の7割前後になってしまいます。不動産と言う高価な商品を取り扱ういますので3割安はとても大きなダメージだと思います。このようなことから考えても急いで売却する必要のない方は基本的には仲介で良いと思います。

 

早く売却する必要のある方→買取
早く売却する必要がない方→仲介

 

■業者買取のメリット
業者買取6つのメリットを紹介します!

価格が合意できれば即売却できる

 

時間や労力がかからない

 

仲介手数料がかからない

 

瑕疵担保責任を負わない.

 

近所にバレずに売却可能

 

訳あり物件でも買取可能な場合有り

 

よくある質問Q&A

買取で査定を出しても断ってもいいの?

はい。もちろん査定をしても必ず契約しなくてはいけないと言う事はありません。あくまでも査定結果を見て判断してください。

 

他社の仲介で現在売り出し中ですが買い取ってもらえますか?

はい大丈夫です。しかし、他社の仲介が専属専任媒介契約の場合は、お客様の方で契約を破棄又は、契約の期限が切れ後の買取りとなります。

 

 

まとめ

不動産売却をする上で売却方法は仲介で買主を探す方法と買取で直接不動産会社に買い取ってもらう2つのパターンがあります。よほど急いで売却する必要がない限り仲介での売却をお勧めします。買取の場合どうしても1割から2割ひどければ3割程度安くでしか売却できません。不動産と言う高価な商品ですので、数百万円も変わってしまいます。このようなことを考えて通常売却なら仲介で良いかと思います。

 

仲介と買取の違いメリットデメリット