藤沢市 土地活用

藤沢市で空き地を所有しておりこれから土地活用をお考えの方に少しでも参考になれるよう土地活用のメリット、土地活用を行う上で選ぶべき基準、土地活用の種類などを詳しく紹介していきます。

 

 

土地活用の目的

土地活用を行う上で重要な事はまずは土地活用の目的をしっかり認識しておきましょう。将来的にその土地を利用の有無は?、空き地を利用して大きく収益を伸ばしたいのか、なるべくリスクがかからないで税金分程度稼ぎたいのかなど土地活用の目的で、選ぶ土地活用の種類が変わってきます。また土地活用で最も重要なことは、あなたに合った土地活用方法であるということです。

 

藤沢市お勧めの土地活用2

 

藤沢市の土地活用の今後の展望

藤沢市は湘南エリアの中でも中心的な街です。江ノ島や鵠沼海岸など人気スポットもあり、1年を通してサーファーの聖地でもあります。海から徒歩圏内でしたらアパート経営でもサーファーをターゲットにしてまだまだ収益を上げることが可能でしょう。しかし藤沢市全体で見ても今後は人口減少は避けられません。空き家数の増加も懸念材料の1つです。

 

このようなことからも今後はアパート経営やマンション経営はそれなりに調査と戦略が必要になってくると思います。しかし土地活用の種類は現在はいろいろな種類がありますのであなたの土地の面積、立地、形状などを考慮して最適なものを選べばまだまだ比較的容易に収益を出すことが可能です。

 

藤沢市は湘南エリアの中でも中心的な街でとても人気のある市です。土地活用の需要はまだまだ多くの可能性がありますので前向きに検討してみるのが良いかと思います。

 

藤沢市人口推移
出典:藤沢市将来人口推計について

 

空き家数の変化

平成10年:10.1%(15500戸)
平成15年:10.2%(17100戸)
平成20年:10.8%(19420戸)
平成25年:11.5%(22890戸)

 

 

藤沢市でお勧めの13種類の土地活用の種類

人口はまだ伸びていますが今後長い目で見れば藤沢市の人口減少そして少子高齢化、空き家率の増加のリスクが出てきます。以前ならアパート経営駐車場経営が土地活用では王道でしたが今なら多くの土地活用の種類が選べます。そこで藤沢市にお勧めの13種類の土地活用紹介します。あなたの土地の立地や面積、形状を考慮して候補を選んでみてください。

 


藤沢市でもまだまだアパート経営やマンション経営は充分に収益を上げられると思います。しかし10年先20年先考えると藤沢市でも人口減少少子高齢化、空き家率の増加になるのは間違いありませんのでアパート経営をするならばしっかりと戦略を持って長期的視点で行って下さい。歩いて海まで行ける距離ですとサーファー需要が高いです。

アパート系やマンション系ですと立地が大きな要素となりますが、戸建て賃貸経営はそれほど良い立地ではなくても大丈夫です。またアパートやマンション経営と比較すると初期費用が安く利回りも10%目指せます。リスクは空き家になると収益が一気にゼロになってしまう点です。

 


土地を貸すなら「事業用定期借地権」で土地をさましょう。定期借地にすることにより契約期間は10年以上50年未満で設定することができます。また契約終了後建物を取り壊し更地に転換してもらうようしっかりと明記しておきましょう。

 


これからますます需要が伸びてくる土地活用の1つです。サービス付きの高齢者向け住宅利回りは7%程度が目安。利回りはそれほど高くないのですが投資の額が大きいためうまく活用すれば大きな収益を得ることができます。税金の優遇を受けたり社会貢献度の高い土地活用ではあります。

 


数ある土地活用の中でも機械導入が入らないため初期費用がほとんどかからないリスクの少ない人気の土地活用方法です。他の土地活用への転用もかんたんに行える。ローリスク・ローリターン

 


小さなスペースでも収益を上げることが可能。藤沢市では駅前または海の近くなどがお勧めのエリアです。コインパーキングはリスクが少なく始められるのが大きなポイントです。

 


アパート経営と比べると初期費用が安く、管理人が不要なのがメリット。また、狭い土地でも経営することができることが魅力です。
しかしコインランドリーで成功させるためには事前に調査が重要になります。まず大前提として需要があるのか、また経営を軌道に乗せるには、しっかりマーケティングする必要があります。いちど顧客を掴むと形はとても安定します。

 


トランクルームは最近土地活用の中でもとても人気が高いです。感覚的には駐車場経営と似ており初期費用がかからず比較的簡単に始めることが可能です。ただし事前に需要があるか十分なリサーチをする必要があります。

 


空き地にコンビニなどのお店を出して経営すること。基本的に大きな道路沿いに空き地を持ってないといけません。リースバック方式と事業用定期借地方式があります。

 


太陽光発電は市街化調整区域でも設置可能のため農地や人があまり住んでいない場所でも10分土地活用をすることが可能です。収益モデルは太陽光発電システムを設置して、売電収入を得ます。事業用で行えば20年間は作った電気を固定で買い取ってもらえるため安定した収益を見込むことができます。

 


少しのスペースがあれば手軽に土地活用が行える代表的なものは自動販売機です。現在利用しているテナントや事務所の空きスペースを利用しても土地活用することができます。多くの収益モデルが電気料金を支払う代わりに売り上げの20%ほどが収益で入ってくると言うシステムです。ちなみに電気料金は月々2000から5000円程度です。

 


近年とても人気のある貸し農園!中を買っても供給不足のため土地活用で意外と狙い目です。1人に貸すよりか区画に区切り複数人に貸し出した方が収益は上がります。

 


農地や市街化調整区域でも土地活用ができます。基本的に初期費用がかからないのでリスクなく始めることができます。資材置き場の年間の費用の相場としては、固定資産税の2から4倍です。

 

 

土地活用で選ぶ際の基準を紹介

土地活用をする上で目的、事前の調査、土地との適合性、望む収益、許容リスクを明確にしておく必要があります。土地活用を選ぶ上で参考となる基準を紹介したいと思います。

 

 

藤沢市土地活用収益

 

藤沢市土地活用リスク

 

藤沢市土地活用初期費用

 

藤沢市土地活用転用性

 

藤沢市土地活用税制優遇

 

藤沢市土地活用立地面積形状

 

 

 

実際に土地活用を行うなら専門家のアドバイスやサポートが絶対条件です。自分だけで判断せずプロの意見を聞きましょう。


 

 

藤沢市で土地活用まとめ

藤沢市で土地活用について今後の藤沢市での土地活用の展開や13種類のお勧めの土地活用方法を紹介してきました。土地活用をお考えの方はまずは目的や望む収益、許容リスクを把握する必要があります。土地活用も相場と同じようにリスクが高いものはハイリターンで大きく収益を上げられます。

 

その分初期費用がかかったり将来の人口形態、災害リスクなど不確定要素のリスクがあり結果的に損失してしまうリスクもあるのはご承知してください。少しでもリスクを減らして税金や維持費など最低限の収益をあげたいのならば、駐車場経営や資材置き場、自動販売機の設置などが挙げられます。

 

自分の土地に適した土地活用方法を見つけるためには、しっかりと将来にわたりシミュレーションする必要があります。土地活用の専門業者にサポートしてもらえば、かかる初期費用やある程度将来の収益計算をしてくれます。まずは複数の土地活用業者に見積書を提出して信頼のおける土地活用業者を探すところから始めるのが良いかと思います。

 

▼まずは無料見積もりへ▼

土地活用