マンション売却 仲介手数料

仲介手数料

仮にマンションが2000万円で売却できても2000万円手にできる訳ではありません。
100万円以上の仲介手数料を支払う必要があります。売却額に応じてそれなりに不動産会社に仲介手数料を支払う必要が出てきます。このページでは仲介手数料について詳しく紹介していきます。

 

 

マンション売却における仲介手数料とは…

マンション売却における仲介手数料とは、不動産会社を通して不動産売買契約が成立した場合、仲介となってくれた不動産会社に支払う報酬のことです。仲介手数料は別名で「約定報酬」とも呼ばれることがあります。特性の1つとして仲介手数料は成功報酬型です。つまり不動産会社が広告費または人件費など費やして売却活動しても売却に至らなければ報酬手数料は支払う必要はありません。

 

 

仲介手数料の計算方法を紹介します

不動産売却における仲介手数料の金額については、 宅地建物取引業法で次のように上限値が決められています。

金額 仲介手数料
200万円以下 代金額x5%
200万円超~400万円以下 代金額x4%+2万円
400万円超~ 大金額x6万円
※売買価格には消費税を含みません。

売却の価格が400万円を超える場合は、 次のような計算式で求められます。

仲介手数料+(売買価格x3%+6万円)+消費税

 

この数値が手数料の上限値なので これより高い手数料を請求される心配はありません。 会社にもよりますが 仲介手数料が定額な会社もあったり、 早期に売却することができたら手数料を安くしてくれる業者もあります。 仲介手数料早見表

 

 

仲介手数料が半額無料なところは要注意!

不動産会社を探していると中には仲介手数料が半額または無料と言うところもあります。しかしこのような会社は注意が必要です。自ら売却能力がないと言ってるようなものです。そもそも不動産会社の利益は基本的この仲介手数料のみです。

 

このように考えると唯一の利益である仲介手数料を半額または無料にすると言う事は裏がある可能性が高いです。例えば特別広告費と言う名目上で支払いの請求をしてくる会社もあれば、両手取引が前提での契約、ただ単に集客力がないために値引きをしている会社もあります。

 

 

基本的売却の力のある不動産会社は仲介手数料の値引きはしていない会社が多いです。仲介手数料の値引きをしている会社は疑ってかかったほうが良いかと思います。


 

 

仲介手数料を知らないと後々トラブルに…

不動産売却は住宅ローンを全て支払い抵当権を解除しておかないと売却することができません。つまり売却額=住宅ローン残高では、仲介手数料が取られる分マイナスになってしまいお金が不足してしまいます。不足分は一括返済するかもしくは新規の住宅ローンの借り換えをしなければなりません。事前に仲介手数料を把握しておかないとトラブルの元になってしまいます。理想の売却は売却額>住宅ローン残高+仲介手数料です。

 

仲介手数料でよくある質問Q&A

仲介手数料でよくある質問Q&A

不動産買取の場合でも仲介手数料発生するの?

動産会社が直接買い取る場合は仲介手数料は発生しません。仲介手数料はあくまでも買主を探して仲介をした時に発生する費用だからです。

 

仲介手数料はどのタイミングで支払えばいいの?

仲介手数料は2回に分けて払うのが一般的です。1回目は売買契約成立した後、2回目は実際に不動産を引き渡しの時です。成功報酬型ですので売買契約成立後になります。

 

仲介手数料のまとめ

仲介手数料は不動産売却に関わる費用の中でも1番割合が大きいものになります。価格により仲介手数料も変動します。ある程度の売却価格がわかれば仲介手数料も事前に把握することができますので、後々のトラブルやアクシデントにならないためにも売却活動を始めると同時に仲介手数料も把握しておきましょう。

 

藤沢市でマンション売却 トップページ