抵当権抹消 登記費用 必要書類

売買契約書

不動産売却をする上で原則として建物の引き渡し時に抵当権を消しておく必要があります。

※抵当権とは銀行などの金融機関が住宅ローンを貸すとき万が一ローン返済が滞った場合に備えて担保として不動産を確保しておくことです。

 

住宅ローンを完済した人でも抵当権抹消登記を行わなければ登記上ではまだ抵当権が残っている状況です。まだ抵当権の登記がある方は必ず抵当権抹消登記を行ってください。

 

注意点

所有権登記名義人の住所変更や氏名変更がある場合は事前に変更届を出しておいてください。
時間がある方は司法書士に依頼しなくても比較的簡単に行うことができます。

 

抵当権抹消登記にかかる費用

抵当権抹消登記にかかる費用は登録免許税と司法書士への報酬です。

 

登録免許税
登録免許税は不動産の数× 1000円です。土地と建物はそれぞれ別個です。またマンションの場合は土地に関しては数個に分かれている場合もあるので確認が必要です。一般的に土地と建物で2000円です。またマンションの場合は3000の場合もあります。
所有権登記名義人の住所変更や氏名変更の場合も不動産の数× 1000円です。

 

 

司法書士への報酬
司法書士への報酬はそれぞれ金額が異なりあくまでも目安ですが5000円から15,000円の間でしょう。所有権登記名義人の住所変更や氏名変更がある場合はまた別個10,000円前後かかると思ってください。

 

抵当権抹消登記の必要書類

  • 登記申請書
  • 登記識別情報または登記済証
  • 登記原因証明情報
  • 抵当権委任状
  • 不動産の所有者の委任状
  • 住民票
  • 戸籍の附票
  • 戸籍謄本
  • 住民票

 

これらの書類を持って司法書士があなたの代わりに登記申請を行ってくれます。

 

抵当権抹消登記を自分で行う場合

抵当権抹消登記手続は自分でも行うことが可能です。基本的には法務局に出向く方法とネットを利用したオンラインの方法の2つがあります。
必要書類は上記で説明したものと同じになります。

 

法務局では一般的に登記に関する相談を予約制で引き受けています。必要書類を持って埋められるところは埋めて埋められない場所は空欄のまま持参してアドバイスをもらいながら作成してもらうのが良いかと思います。